ピンクコンパニオンのお役立ちレポートのメイン画像

ピンクコンパニオンで安く遊ぶには平日を狙うことがおすすめ!派遣料金の地域格差、平日・週末の料金についてご紹介いたします。

同じピンクコンパニオンでも、土地柄・地域によって、料金は違う?

ピンクコンパニオンを上手に活用している人は、料金表の見方のうまい人です。

原則は、週末でなく平日に遊ぶこと~。

地域格差と料金についてお話ししておきます。

■首都圏とその周辺エリアの例。

ピンクコンパニオンの料金は地域によって多少の違いはありますが、たとえば首都圏内とその周辺のエリアなど、大きなかたまりで地図を眺めた場合、違いはほとんどありません。

東京と神奈川、埼玉などはほぼ同じです。

東京と青森、青森と沖縄など、遠隔地同士をくらべた場合、お1人様辺りの料金が2000円~3000円の差異があります。

また客数が増えるにしたがって料金は加算されていきますが、人数割りするとお1人様より割安になります。

これは全国共通です。

■週末・祝日はかなりの割高。

ピンクコンパニオンの料金表は金曜・土曜・日曜、祝日は別扱いになります。

料金表を参考にするときは平日であることを前提にしましょう。

平日以外はピンクコンパニオン派遣の条件が厳しくなり価格も割高になります。

さらに言えば、交通費など別途実費も平日にくらべて割高です。

一例ですが平日は延長料が別途6,000円なのに対し、週末・日曜・祝日は10000円になります。

派遣会社によって規定料金は異なります。

■ピンクコンパニオンの料金の地域格差はありませんが、平日・休日の格差はかなりあります。

料金表を確認しましょう。

ピンクコンパニオンを呼ぶときはできるだけ計画的に呼んで、安くてサービスの良い日を活用しましょう。

閑散期、平日がキーポイントです。

安い地域を探して遠隔地に行っても、交通費と移動時間を計算すると割高になります。

遊ぶのも頭脳プレーです。